スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
獣毛の恋しい季節

朝からカゾクそろって故猫の墓参りへ

当時は遺骨が手ばなせず結局1年たって納骨、
お墓つくろうかまた悩んで 「大勢の方が寂しくないだろう」
と最期は共同墓地へ

それでもお彼岸ともなると毎年100人以上の遺族が
訪れるのでペットといえど扱いはニンゲン様なみです
袈裟をめした坊さんが経をあげ、焼香もあれば
ちゃんと卒塔婆も立ててもらえます


正直もう一度飼いたいかと言われれば、まあ非常に悩みます
いずれまた看取らなきゃならんのだからと思う反面、
爪音の聞こえないリビングはいまだに広く感じますから

近所の飼い犬に首をガブリとやられて以来
すっかり犬恐怖症におちいった私が、友人の愛犬と恐る恐る
スキンシップをこころみるほど今年は重症です

スポンサーサイト
|未分類 | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://ksuoh.blog87.fc2.com/tb.php/59-0122b03c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。